エアコン取り付け費用はエアコン業者か引越し業者どちらが安い?

<概要>

 引越しの際、現在お使いのエアコンはどうしたらいいのかとお悩みの方も多いのでは無いでしょうか? 業界ではエアコンの引越しを『エアコンの移設(脱着)』などと呼んでいます。 しかし、引越しにあまり慣れていない人は、エアコンの扱いに戸惑うのではないでしょうか?

 エアコンの取り外しや取り付けは、引越し業者に頼めばいいのでしょうか? それともエアコン業者や街の電気屋さんでしょうか? それ以外では、古いエアコンであれば、処分をして、新しいエアコンを引越した際に購入するという選択肢もあるのではないでしょうか? これらの疑問や悩み対策として、エアコン工事のエレホーム が以下にまとめておりますので、ご参考にしていただけたらと思います。

エアコン取り付け工事

どちらに頼む?引越し業者vsエアコン業者

 最近では、どの引越し業者も、エアコンの取り付け取り外しをしてくれるところが当たり前になってきました。引越し業者と関連している協力会社や下請け業者が来てくれますので安心でしょう。料金は引越し業者によってまちまちなので、事前に調べた方がいいでしょう。

 一方、エアコン業者は、引越し屋ではありませんので、エアコンの取り付け取り外しがメインとなり運搬をしてくれないところがほとんどと言ってもいいでしょう。

 なぜ、運搬をしないかというと、地元に根ざしてやっている業者は、近距離ならともかく、遠距離まで、行っていられないという言い分が多いでしょうし、また、運搬のプロではありませんのでエアコンが万が一傷ついてしまったり、壊れた時などにトラブルの原因になるからです。 また、最近ではガソリン代などの高騰で、経費がかかる・元が取れないと嘆いている業者も多いからでしょう。

 しかし、中には運搬込みの値段でサービスをしているエアコン業者や街の電気屋もいると思いますので事前に相談してみてはどうかと思います。

引越し業者に頼んだ場合のエアコン取り付け・取り外しの費用相場

料金相場(取り付け取り外しの基本工事代金のみ)

業者名:引越しのサカイ
特 徴:グループ会社のエレコンという会社がエアコン工事を担当しています。
料 金:基本エアコン移設工事料金:税込11,000円~(エリアや現状によって料金変更あり)
業者名:日通
料 金:基本エアコン移設工事料金:15,000円~(エリアや現状によって料金変更あり)
業者名:ヤマトホームコンビニエンス
料 金:取り外し工事:税込8,800円~・取り付け工事:税込13,200円~
業者名:アート引越しセンター
料 金:基本エアコン移設工事料金:15,000円~(エリアや現状によって料金変更あり)
業者名:その他の引越しセンターの相場
料 金:基本エアコン移設工事料金:12,000円~20,000円程度

エアコン業者(電気屋)にエアコン移設を頼んだ場合の費用相場

工事内容:エアコンの取り外しのみ
基本料金:基本エアコン移設工事料金:5,000円~10,000円程度
工事内容:エアコンの新居への取り付けのみ
基本料金:基本エアコン移設工事料金:15,000円~20,000円程度
工事内容:エアコンの引越し(取り外し取り付け)
基本料金:基本エアコン移設工事料金:15,000円~20,000円程度
工事内容:運搬を頼んだ際の料金
基本料金:基本エアコン移設工事料金:2,000円~6,000円程度(近隣エリアの場合)

当店(エレホーム )にエアコン移設を頼んだ場合の費用相場

工事内容費用
エアコン移設工事7,900円~
(税込 8,690円~)
エアコン取り外し工事のみ 4,900円~
(税込 5,390円~)
エアコン取り付け工事のみ 5,900円~
(税込 6,490円~)
取り外し+新品取付工事 16,400円~
(税込 18,040円~)
エアコン移設工事

古くなったエアコンはどうしたらいいのか?

古いエアコンは移設した新居でも使えるのか?

 何年も使ったエアコンを、新居に無事取り付けてもらったとして、果たして、それでいいのでしょうか?

 というのも、新しい場所にエアコンを移設するたびに、エアコンの性能は落ちると言われているからです。そしてかえって電気代が高くなってしまうケースもよくあるのです。

 また、家電というものはエアコンも含めて、どんどん機能も一新されて新しいものが出てきますし、中には、省エネをうたったエアコンもありますので、電気代や性能のことを考えて、いっそのこと新居では新しいものを購入した方が、かえってエアコンにかかる費用が総合的に見て、安くなる場合も多くあるからです。

日立エアコンAJシリーズ

古いエアコンも移設工事はできるのか?

 古くなったエアコンはそもそも、エアコンの引越しはしてくれるのでしょうか?まだ、購入して数年しか経っていないというエアコンは問題ないですが。(場合によっては対応不可:リサイクルショップまたはネットオークションで購入した入手経路がはっきりしていない場合など)

 業者によっても、まちまちだと思いますが、業者によっては、10年以上のエアコンはたとえ稼働しているものといえども、取り扱いはしていません。理由としては、エアコンの耐用年数は約10年とメーカーが決めており、それ以上経過するともしパーツの取り寄せが必要になった際、メーカーは製造をしていないので、対応ができないことも理由に挙げられます。

 しかし、最近では、安ければいい、動けばいいという方も多く増えてきておりますので、中古を専門に扱っている業者を探すのも手ではないでしょうか。無料SNSのジモティーなどでは、中古エアコンを専門にしている業者の方の広告も実際、よく目にします。

粗大ゴミで出していいのか?

 結論から言いますと、普通の粗大ゴミに出すと犯罪になります。また、使用できなくなったエアコンの売買も基本ダメですし、回収業者の買取も通常は許されていません。

リサイクル料金について

中古エアコンの処分方法

 処分する際は、家電リサイクル券というものが、量販店や郵便局で販売されていますので、それを手に入れることで、可能になります。 

 受け取り先は、量販店・リサイクルセンター ・市町村が紹介する回収業者などがあります。料金は990円~となりますが、運搬費や回収代金はサービスによってまちまちです。

買取ならば、リサイクルショップで

 もし、エアコンを新しいものを購入したくて、資金を少しでも浮かせたいというならばリサイクルショップで、買取を検討してみるのも手かもしれません。エアコンの状態が良く、まだ使用し始めて、4~5年しか経っていないようであれば、買取してもらえる可能性も大きいからです。

エアコン取り外し工事

当店(エレホーム )にエアコン回収を頼んだ場合

※料金はエリアによって変わります。

>>対応していないエリアもございますので、一度エレホームまでご連絡ください。

工事内容:エアコン回収(リサイクル・運搬費込)

基本料金:6,000円(税別)~
※エアコン取り外し料金は別途かかります。

エアコンクリーニングはした方がいいのか?

 エアコンの移設をするときには、分解クリーニングをお勧めします。通常の取り付けたままのクリーニングより、分解をして洗浄するので、カビや汚れを一掃し、サービスによっては抗菌対策のオプションまでありますので新居で、取り付けた際に、快適に利用できることでしょう。また、分解クリーニングすることで、エアコンの長持ちにもつながりますので、ぜひ、お勧めです。

分解クリーニングの通常料金相場
一般的なエアコンの場合:約20,000円~35,000円
お掃除機能付きエアコン:約25,000円~40,000円
取り付けたままクリーニングした場合
約6,000円~15,000円

当店(エレホーム )にエアコンクリーニングを頼んだ場合

工事内容:分解エアコンクリーニング
基本料金:20,000円(税別)~

※エアコン取り外し・取り付け料金込みのお値段です。
※取り付けたままのクリーニングも対応している地域がございます。

エアコンクリーニング

※料金はエリアによって変わります。

買い換えた方がいいのか?

量販店や大手通販でエアコンを買う場合の費用

 大手の量販店や通販で新品を購入する際、やはりお得なのは、今まで使っていたエアコンを下取りしてくれることです。また、料金の中には、新品エアコン取り付け工事料金も含まれていますので大変お得です。ただ、量販店は引越しセンターとは違いますので、新居に新しいエアコンの取り付けはしてくれますが、引越し前の住居の古いエアコンだけを取り外すことには対応をしてもらえないので注意が必要です。

リサイクルショップやネットショップで中古エアコンを買う場合

 メルカリやヤフオクやSNSのジモティーなどでは、日々、信じられないくらい安い中古エアコンが販売されているのを目にします。中でも工事費も込みで、エアコンクリーニングまでしたもので1万円以下でやりとりされているものもあります。

 しかしながら、エアコンは外見がどんなに綺麗でも、中身までチェックしたわけではありませんし、いざ、取り付けてみても効きが悪かったということになっても、中古だから仕方ないと泣き寝いりしても仕方ないケースも考えられます。また、メルカリなどは、相手の顔もわからないまま、やりとりし、送られてくるまでどんなエアコンなのかがわからないので、やりとりや検討は慎重にした方がいいでしょう。最近では電気工事の免許を持たなくても、エアコン工事ができるということで、フリーの方も増えてきていますので、ベテランの業者さんとの区別もしにくくなっています。

 安いからといってすぐ判断するのではなく、WEBで検索などをして、評価のレビューをみて信用できそうな業者さんを、しっかり選んだ方が良いでしょう。

究極・DIYで自分でエアコンの取り外し取り付けをやっちゃう?

エアコン工具はどれぐらいするの?

 工具はピンからキリまでありますが、通常のエアコン工具セットというものはネットで検索したら出てきますが、7、8万円~くらいかかります。それはあくまで、基本的な工具だけとなりますので、その為、細かい備品なども揃えると、10万円前後はするでしょう。

誰でもできるの?

古くなったエアコンで、処分することを前提にしているのであれば、エアコン取り外しだけであれば、YouTubeなどでも動画が上がっていますのでできないこともないでしょう。

 しかしながら、かなりの重量もありますし、配管や配電盤なども扱うことになり、場合によっては、電気やガスの処理も必要となってくるケースがありますので、業者に頼んだ方が、無難でしょう。

新居にエアコン取り付けの際は、尚更でしょう。配管を通す穴を開ける必要があった場合、むやみに穴あけをして、大切な新居の壁を傷つけてしまうケースもありますし、場合によっては、穴あけをしてはいけない場所に開けてしまって、取り返しのつかないことになる場合もあります。

まとめ 

 いかがだったでしょうか?引越しを前にエアコンをどうしたらいいかという問題点について、少しはもやもやがなくなったでしょうか?もう少し、具体的な見積もりが知りたいという方はお見積り無料・電話代無料の当店にお問い合わせください。

>エアコン工事のエレホームに無料見積もりを頼んでみる。

エアコン工事のエレホームに問合せ

エアコン工事に関するご相談・無料お見積りはこちらから。専門スタッフがご対応します。
通話料無料・土日祝も営業中!
[受付時間] 9:00~17:30

電話で問い合わせる
フォームで問い合わせる

\暑くなって混み合う前に/
エアコン工事祭★開催中

No.d-170

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お電話での問い合わせ
メールでの問い合わせ